車検証ナビ

*

法人の車検証の名義変更の方法

      2019/04/01

法人では社用車をリースで調達しているところも増えてきていますが、リースではなく法人として購入して利用しているというケースも多いでしょう。

リースを行う会社などの場合は、自動車を法人契約していることが多いですが、法人から個人へ名義変更を行う場合は、必要書類としては以下のものが必要となります。

  • 申請者と印鑑
  • 発行から1ヶ月以内の車庫証明
  • 自動車検査書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

申請書に関しては、必要書類の申請書は陸運支局のホームページからダウンロードすることが可能で、そこに記入例も記載されています。なお、旧所有者が法人となりますので、旧所有者の発行して三か月以内の商業登記簿の謄抄本および登記事項証明書が必要となります。

この証明書はコピーなどの写しでも構いません。法人解散して個人が譲り受ける場合も同じとなります。

違う法人へ名義変更する場合

関連会社や単に社用車の売却時など、法人間で車の所有権を移すこともあるでしょう。

法人から法人への名義変更の場合は、基本的には必要書類は変わりませんが、車を譲り受ける法人の商業登記簿の謄抄本および登記事項証明書が必要になります。この書類もコピーなどの写しでも構いません。

また、本人が届け出に行けない場合には、委任状を記載する必要があります。委任状についても国土交通省のホームページにpdf形式にて書類が準備されており記載例もpdf形式にてアップロードされているのでそちらを参考にしていただければと思います。

■まとめ
法人が所有していた車の名義変更だとしても、個人の時とほとんどやり方は変わりません。法人は個人の場合よりも少しだけ書類が多いだけですが、それほど面倒なこともないので外注せずとも自社内で完了できると思います。

委任状については国土交通省のこちらのページからダウンロードができます>>自動車検査・登録ガイド

 

 - 車検証 名義変更