車検証ナビ

*

車検証の名義変更ができる時間帯と費用(手数料など)

      2018/09/13

車検証の名義変更をする際に、受付してもらえる時間帯や、名義変更時にかかる費用の概算についてまとめてみました。

車検証の名義変更ができる時間帯について

遺産相続や知人から譲り受けるといった理由で車の所有者の名義を変更する場合には、所定の場所に赴いて法的な手続きを行わなければいけません。

一般的な普通車と呼ばれる種類の名義変更を行うのであれば住んでいる地域を管轄している運輸局になります。ここで言う管轄地域とは新しい所有者の住所のことで、変更前の所有者が住んでいる場所ではないので注意が必要です。

手続き自体は必要な書類の提出といくらかの費用を支払うだけの簡単な物になります。運輸局の営業は平日の午前8時45分~11時45分の3時間、午後13時~16時の3時間の1日6時間です。週末前の金曜日や月末は混雑することが多いため、時間に余裕を持って行くことがおすすめです。

軽自動車の名義変更の手続きが行えるのは軽自動車検査協会です。中には同じ車だから一緒だろうと運輸局に足を運ぶ人も少なくありませんが、運輸局では軽自動車の名義変更はできません。場所の違いはあっても変更に必要な手続きは基本的に運輸局と変わりはなく、書類の不備や費用の支払いのトラブルなどがなければ1時間も掛からずに終わります。ただし、軽自動車検査協会の営業時間は平日の午前9時~11時30分、午後の13時~16時と若干異なるので気をつけたいところです。



車検証の名義変更にかかる費用はいくらくらい?

車検証の名義変更にかかる費用はディーラーに委託して行う場合だと、相場としては自動車ナンバーの変更が無い場合、20,000円程度で、ナンバーの変更のある場合は35,000円になります。ディーラーの場合は名義変更は軽自動車であっても普通乗用車であっても相場は上記のように決まっています。ディーラーに委託せず所有者自らで行う場合は軽自動車の場合ですと、軽自動車検査協会で手続きを行います。

申請手続きの手数料は35円ほどで、そこから住民票や印鑑証明取得に300円~500円が必要となり、車庫証明が必要な地域では、収入印紙が500円程度かかります。そこからナンバープレートが変更される場合は地域により、1500円~6400円くらいが必要です。

普通車の場合ですと名義変更手続きの申請手数料は500円です。そこから印鑑証明書に300円~500円程度必要になります。車庫証明が必要な地域の場合は収入印紙が500円程度です。ナンバープレートの変更が必要な場合は1500円~6400円で普通乗用車と同じです。ただ、1500円より上の金額は自分が希望したナンバープレートのナンバーに変更する際に掛かる費用ですのでナンバープレートの数字を気にしない場合であれば乗用車でも普通自動車でも1500円前後がナンバープレートの変更代金になります。ディーラーに委託するより所有者自ら名義変更をしたほうが経費は抑えることはできます。




 - 車検証 名義変更