車検証ナビ

*

車検証を紛失した時の再発行の手続き方法

   

車に乗られる方なら一度は目にしたことのある車検証。この車検証というのは、その自動車が保安基準に適合していることを証明するもので、車に乗る場合常に携行が義務付けられています。もしこれに違反した場合、50万円以下の罰金刑に処せられます。そうならないためにこれらから、車検証を紛失したときの手続き方法を紹介します。普通自動車と軽自動車では手続きの場所が異なりますのでご注意ください。

車検証の再発行の手続き(普通自動車編)

車検証を紛失した場合は、ナンバープレートの地名を管轄する運輸支局又は軽自動車協会で再発行手続きを行います。書類に不備がなければ、待ち時間を除いて1時間程度で再発行可能です。

まず、車検証再発行申請書(第3号様式)を用意し、ナンバープレートの番号や車台番号を記入します。運輸支局又は軽自動車協会で、申請書を無料で入手することができます。普通自動車の場合は、国土交通省ホームページから様式をダウンロード可能ですが、コンピューターで読み取る関係からインクジェットプリンター以外で印刷する必要があります。

普通自動車の場合は、理由書も必要書類となります。運輸支局のホームページからダウンロードできますが、自分で作成することも可能です。なお、軽自動車の車検証再発行の場合は、理由書の提出は不要です。本人が直接再発行手続きを行う場合は、印鑑と本人確認書類(運転免許証等)を持参します。手続きをディーラーや行政書士に依頼する場合は、使用者本人の印鑑を押した委任状と、代理人の本人確認書類が必要となります。印鑑証明書の添付は不要です。

申請手数料として300円分の自動車検査登録印紙が必要なので、運輸支局又は軽自動車協会の窓口で購入します。収入印紙では申請手数料の納付が行えないので注意が必要です。



車検証を紛失した時の再発行の手続き方法(軽自動車編)

基本的な流れは普通自動車と変わりがありませんが、軽自動車の車検証の再発行を受け付けているところは軽自動車検査協会です。

車検証の再発行には、1.本人が申請する、2・本人以外の代理人が申請するの2つのパターンがあります。それではまず、本人が申請する場合です。車検証再発行の申請場所は、その車を管轄する軽自動車検査協会の事務所・支所。車検証再発行に必要な書類は、
・本人の認印
・車検証(汚れなどで残っている場合)
・自動車検査証再交付申請書(OCR軽第3号様式)
の3つです(申請書は協会の事務所でもらえます)。

再交付には手数料がかかります。1件につき300円です。申請書類に不備がなければ即日発行となります。

本人以外の代理人が申請する場合は、
・自動車検査証(提出できる場合)
・自動車検査証再交付申請書(OCR軽第3号様式)(個人の場合は認印が必要です。)
・申請依頼書(使用者欄に押印が必要です)

お店に依頼することもできますが(再発行の手数料とは別に)料金がかかります。また、車検証が手元に届くまで日数がかかることことがありますので、万が一紛失した場合は、早めに車検証の再交付を行った方が良いでしょう。



 - 車検証 紛失