車検証ナビ

*

車検証の再発行に必要な書類(理由書・委任状など)の入手先や書き方

   

車検証の再発行を行う際にはどういった書類が必要になるのか、代行業者などに委任する場合や必要書類の入手先なども合わせてまとめてみました。

車検証の再発行時の必要書類

車検証の再発行時には以下の書類が必要になります。
・申請書(運輸局窓口で無料配布をしています)が必要です。また認印の押印が必要なので持参して下さい。
・手数料納付書(必要に応じた金額の登録印紙を、印紙貼付欄にはります。印紙は運輸局周辺にある交通会館や、自動車会議所などで販売している場合が多いです。)
・使用者の理由書(紛失した内容や使用者の記名、押印、又は署名が必要となります)
・身分証明書(運転免許証や被用者保険証、国民健康保険被保険者証やパスポートなど、顔写つき、又は氏名、住所などが確認出来る身分証明書が必要です)

軽自動車の場合は上記とは異なり、以下のものが必要になります。
・自動車車検証、検査標章(ステッカー)
・自動車車検証再交付申請書
・申請手数料

例えば「使用者の理由書」には紛失した年月日や、どこで紛失したのかなどを書きます。書類には使用者の記名、押印も必要です。記入例をあげると「車の車内で保管していた、自動車車検証を紛失してしまいました。」などどこに保管していて紛失したかを記入すればいいのです。

車検証の再発行時の理由書の入手先

車検証の紛失・盗難により再発行を申請する際は理由書が必要となりますが、陸運局(運輸支局・自動車検査登録事務所)のホームページからダウンロードが可能です。

車の登録手続きのリンクや申請書ダウンロードページから、理由書のPDFファイルをダウンロードできます。運輸支局によっては、盗難・遺失用と紛失用に分かれている場合があります。管轄の陸運局で理由書をダウンロードできない場合は、他の運輸支局の理由書を使用できるかどうか、事前に確認するとよいでしょう。

理由書を自分で作成することも可能です。その際は、車検証の再発行を希望することと、「発見された場合には速やかに返納するとともに、本件に関して問題及び事故、他者への損害が生じた場合は、一切の責任を負うことを誓約いたします。」の一文を明記する必要があります。

また、車検証を無くしたり盗まれたりした状況と一緒に、車検証の遺失届を提出した警察署名・届出年月日・受理番号を記載します。車検証の再発行手続きの前に、警察署への遺失届の提出が必要です。遺失届が受理されなかった場合は、その理由を記載することになります。

最後に、住所・氏名を記載して認印(スタンプ印は不可)を押印します。

車検証の再発行時の理由書の書き方と必要な印鑑

紛失や盗難により普通自動車の車検証の再発行を受ける場合は、理由書が必要となります。理由書は盗難用と遺失・紛失用に分かれていますが、運輸支局のホームページで理由書のpdfファイルをダウンロードすることができます。プリンターがない環境の場合は、A4用紙に手書きして提出することも可能です。理由書の書き方は、次のとおりです。

まず、ナンバープレートの番号と車台番号を記載し、車台番号欄の下にある「自動車検査証」にチェックを入れます。車台番号は、車のエンジンルーム内に刻印されているケースがほとんどです。次に、再発行を申請する理由を記載します。理由の記入例を2つ示しますが、事実に基づいて記載しましょう。

「車内に保管していたが、○月○日に車内を確認したところ、車検証がないことがわかった」
「○月○日に、車の点検依頼のため○○店を訪れた際に盗まれてしまった」

車検証再発行を依頼する際は先に警察署へ届け出る必要があるため、届出先の警察署名と届出年月日・受理番号を記載します。届出が受理されなかった場合は、その経緯を記載します。そして、理由書の提出年月日と使用者の住所・氏名を記入し、認印を押印します。実印でなくても大丈夫です。

車検証の再発行時の必要書類(軽自動車の場合)

車検証は「自動車検査証」とも呼ばれる車に関するさまざまな情報が掲載されている書類で、車検に合格している事を証する書面にもなり、道路交通法によって携帯義務が定められていて不携帯の場合には50万円以下の罰則があるので、もしも紛失した場合は再発行の手続きをしないといけません。

再発行の手続きは普通自動車と軽自動車では異なっていて、軽自動車の場合は車を管轄する軽自動車検査協会で行います。必要書類は車検証、委任状、自動車検査証再交付申請依頼書、理由書になり、本人の認印も必要です。車検証は汚損などして残っている場合に提出すれば手続きがスムーズになりますが、紛失した場合は必要ないです。委任状は行政書士などの代理人に依頼する場合は必要になりますが、本人が申請する場合には不要です。自動車検査証再交付申請依頼書は軽自動車検査協会に置いてあるので、用意する必要がないですし、書き方は見本があるのでその通りに書くと良いです。

理由書は車検証をなくした理由を書く書類で、特定のサイトからダウンロード可能になっています。手数料は再発行手続き1件につき300円になっています。軽自動車検査協会の場所はインターネット上の全国の事務所・支所一覧ページで調べる事ができるので、車の使用場所から照らし合わせて申請場所を探せば良いです。

「検査標章」を紛失した場合「き損、汚損など」と記入します。き損や破損の場合、返納して再発行をしてもらいます。

 - 車検証 再発行