車検時の整備や交換部品

車検でのフロントガラスの基準は?飛び石による傷やヒビでも通すことは可能か

車検の項目としてフロントガラスの基準はどのようなものがあるのでしょうか。

ヒビや傷があっても車検は通るかな…。

ヒビや傷がある場合の車検時の対応や、フロントガラスにステッカーや吸盤を貼っていても車検を通すことに問題はないのかといった点についてまとめています。

フロントガラスに飛び石による傷があると車検に通らない?

フロントガラスに飛び石による傷があると、傷の位置や大きさによっては車検に通らない場合があります。

車のフロントガラスは走行中の前方視界の確保において大変重要な部品であることから、道路運送車両の保安基準で厳しく規定されています。

ただ、ガラスの傷に関するものは「運転手の視野を妨げず、貫通されていない状態でなければいけない」という結構アバウトな条文があるだけですので、フロントガラスに貫通まではしていない飛び石による傷がある場合の車検の合否は検査員の判断次第になるというのが実情です。

一般的な見解としては、大きさが2~3ミリ程度で表面のみが浅く削れているような飛び石の傷であれば車検に通る可能性が高いとされています。

1センチを超えるような比較的大きめの飛び石による傷の場合は、ガラスリペアなどでしっかりと補修されている場合は車検を通すことができると言われています。

しかし、傷の中心部から亀裂やヒビが発生している場合はリペアではなく交換修理をしないと不可と判断される場合もあります。

また、運転席側にできた傷は助手席側よりも合否の判断が厳しくなると言われていて、運転席側だと視界の正面よりも上の部分にできた傷でも不可となる場合が多いです。

フロントガラスにヒビ割れやひっかき傷があると車検に通らない?

フロントガラスにヒビ割れがある場合は、多くの場合は車検不可とされて交換修理が必要になると言われています。これは、ヒビ割れが他の種類の傷と比べて走行中の振動や温度差などで広がりやすいとされているためです。

大きさが数ミリ程度のひび割れ(亀裂)であればガラスリペアなどで補修することで車検に通る場合もあるようですが、これも車検時の検査員の判断によって合否が分かれるようです。

ひっかき傷は、飛び石の傷やヒビ割れよりは車検を通すことができる可能性は高いようですが、傷の場所や大きさによっては「運転手の視界を妨げる」と判断されることがあるようです。

例えばワイパーに小石がついた状態で動かしてしまうことで、フロントガラスの表面にひっかき傷がつくことがあります。

浅めのひっかき傷であればコンパウンドで磨くことで傷を消すことができる場合もありますが、磨いても消えないほど深いひっかき傷であれば、車検を受ける前に車検に通るかどうか確認しておくのが良いでしょう。

フロントガラスにステッカーや吸盤などを貼ってもよいのか?

フロントガラスにステッカーや吸盤を貼ることは、道路運送車両の保安基準で規定されている例外を除いて保安基準違反になります。

フロントガラスは保安基準によって可視光線透過率が70%以上確保されていなければいけないとあるため、光を通さないステッカーはフロントガラスに貼ることができません。

例外として、車検ステッカーや法定点検ステッカーはフロントガラスに貼っても良いと道路運送車両法で規定されています。つまりそれ以外のステッカーはフロントガラスに貼ることができないというわけです。

吸盤に関しては、例えば交通安全のお守りやキャラクターなどの吸盤をフロントガラスに貼ることは、基本的には保安基準に違反する行為となります。

また、ここ数年で急速に普及が進んでいるドライブレコーダーですが、吸盤や両面テープなどでフロントガラスに固定されているのを見かけるかと思います。

これについては、フロントガラスに関する保安基準で「フロントガラスの上縁から20%以内の範囲であれば取り付けても問題ない」とされていることから、その範囲内にドライブレコーダーが収まるように取り付けられているわけです。

フロントガラスを修理や交換する際の費用は?

フロントガラスを修理する際の費用は、傷の種類や大きさによって金額が変わってきます。

例えば飛び石による傷の場合は、大きさが1~2センチくらいまでであればガラスリペアで補修できる場合があり、費用は一か所につき1~2万円程度が相場のようです。

また、ガラスリペアのキットを購入して自分で補修することもできます。その場合は2~3千円程度に費用を抑えることができます。

ただし、リペア材を注入する前の下準備がちゃんとできていないと補修がうまく仕上がらない場合もあるので、慣れていない方は専門業者にお願いするほうがよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました