車検時の整備や交換部品

オイルエレメントを交換しないとどうなるのか?交換を忘れたらエレメントだけ取り換えるのはアリなのか

オイル交換を依頼すると聞かれることの多いオイルエレメントの交換ですが、交換しないとどうなってしまうのでしょうか。

オイル交換ほどの交換頻度は必要なくても、やはり一定の頻度で交換はやっておきたいオイルエレメント。

あまり交換した記憶がないけど大丈夫かな…。

ここでは、オイルエレメントの役割や適切な交換頻度について解説しますので、これまで交換したことがなかったという場合の対処法についても参考にしてみてくださいね。

オイルエレメントを交換しないとどうなるのか?

オイルエレメントを交換しないで車に乗り続けると、エンジンオイルに混じった不純物をろ過することができなくなってエンジントラブルを起こす可能性が高まります。

オイルエレメントは、エンジン内部で発生したカーボンや鉄粉などの不純物をエンジンオイルからろ過して取り除くフィルターとしての役割を担っています。オイルエレメントのことをオイルフィルターと呼ぶこともあります。

このオイルエレメントをもし交換しないでずっと使い続けていると、エンジンオイルをろ過して集めた不純物がオイルエレメント内のフィルターにどんどんたまっていくことになります。

不純物が大量に溜まった状態ではエンジンオイルをろ過する能力が低下するだけでなく、逆にエンジンオイルの劣化を早める原因にもなってしまいます。

エンジンオイルの劣化は燃費の低下やエンジンの不具合発生を招くことにもなりますので、エンジンオイルとともにオイルエレメントも定期的に交換することが必要となります。

オイルエレメントの交換頻度や時期の目安は?

一般的にはエンジンオイル交換2回に1回の頻度でオイルエレメントを交換することが望ましいとされています。

エンジンオイルは、走行距離1万キロまたは一年ごとに交換することが推奨されています。また、エンジンオイルに負担がかかりやすいターボ車や、悪路や山道走行が多いなどのシビアコンディションでの使用下では走行距離5000キロまたは半年ごとに交換することが推奨されています。

このエンジンオイル交換に合わせて2回に1回の頻度でオイルエレメントを一緒に交換することで、走行距離2万キロまたは2年ごとの交換、シビアコンディション下では走行距離1万キロまたは1年ごとの交換となり、この交換サイクルを実施することでオイルエレメントの性能を適切に保つことができるとされています。

もちろんエンジンオイル交換ごとにオイルエレメントを毎回交換してもとくに問題はありません。愛車のエンジンコンディションに気を配る方はエンジンオイル交換時に毎回一緒にオイルエレメントを交換するという方も多いようです。

オイルエレメントだけを交換することはできるのか?

基本的にはオイルエレメントだけを交換するという行為はメリットよりもデメリットのほうが多いためおすすめしません。

車種にもよりますが、一般的にオイルエレメントはエンジンの側面部や下部に取り付けられていて、エンジン停止時にもオイルエレメントの内部にはエンジンオイルが溜まった状態となっています。

このような状態のオイルエレメントを取り外すと、当然エンジンオイルも一定量ですが一緒に出て規定量より減ることになります。

もちろん減った分のエンジンオイルを追加で補充することでエンジン内のオイルを規定量に戻すことができますが、そのぶん無駄な追加のオイル代や工賃が発生してしまいますし、古いオイルに新しいオイルを混ぜることはあまりよくないとされています。

メリットとしてはオイルエレメントが新品になることでエンジンオイルをろ過する能力が復活するという点ですが、それはエンジンオイル交換時にオイルエレメントを一緒に交換することでも得られるメリットですので、上記のようなデメリットを回避するという点からもオイルエレメントはエンジンオイル交換と一緒におこなうことが良いと言えるでしょう。

オイルエレメントの交換費用は?

一般的な車のオイルエレメントの部品代は1,000円〜2,000円程度で、交換工賃は店舗によって差がありますが数百円から2,000円程度というのが多いです。

例えば軽自動車でエンジンオイルとオイルエレメントを一緒に交換した場合の費用は、エンジンオイル代2,000円程度+オイルエレメント代1,000円程度、これに交換工賃1,000円~2,000円程度を合わせた総額4,000円~5,000円程度で交換できます。

もちろん、使用するエンジンオイルの種類などによっても金額は変わってきますし、オートバックスなどのメンテナンス会員やディーラーなどでのオイル交換割引サービスなどを利用することでさらに安く交換することができる場合もあります。

ちなみに、車種によっては専用の純正エンジンオイルやオイルエレメントを使用しないと不具合が出る可能性がある場合や、純正品を使用しないとメーカー保証が受けられなくなるという場合もありますので、オイルエレメント交換作業の前に確認することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました