車検証ナビ

*

車検証の名義変更は必要?(ローン完済時、結婚、所有者死亡時など)

   

車の所有者の変更や結婚などの理由で姓が変わった場合は車検証の名義変更をする必要があります。ただ名義変更をしなくても車に乗ることは可能なので、名義変更をしていないという人は多いのではないでしょうか。

ここでは、車検証の名義変更についてまとめましたので、名義変更の必要性を判断する材料としていただければと思います。

車検証の名義変更は必要なのか?

車検証の名義変更をしなかった場合、どういった不都合が生じる可能性があるのでしょうか。

例えば事故を起こしてしまった場合、車検証の名義と現在の所有者の氏名が一致しないと手続きがスムーズに行われません。このため廃車の手続きをする時や保険を利用する際にもいちいち名義を確認されることになるので、車検証の名義変更をしておいた方が手続きを簡単に行うことができるとされています。これは買取や下取りをしてもらう時も同じことで、車検証を確認する作業が必須となっています。そのため名義変更をしていないと、手続きの手間が増えてしまうので早めに売りたい場合には事前に名義変更をしておく方がいいようです。

ちなみに自動車ローンで購入した車は、名義がディーラーまたは販売店や業者のものが多くみられます。これはローン完済時に自動的に自分たちの名義に変更されるというわけではありませんし、ディーラーや販売店もローン完済時には連絡を入れてくれません。このためローン完済時には自分たちの手で名義変更をしておかないと自分の所有にならないという問題もあるので、ローン完済時は必ず名義変更をしておくことがおすすめです。

車検証の名義変更の方法(所有者死亡の場合)

自動車の所有者死亡が確認された場合、自動車を相続するのであれば車検証の名義変更をする必要があります。普通自動車の場合は車検証のほかに死亡の事実および相続人全員が確認できる戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書、1か月以内の車庫証明、自動車の名義変更をするための専用の遺産分割協議書を持って運輸支局に届出を行います。この際に転居などの理由でナンバープレートを変更するのであれば、転居先を管轄している運輸支局や自動車検査登録事務所にも同じように届け出や申請をしておく必要があるのです。

軽自動車の場合、必要となる書類は普通自動車とほとんど変わりません。ただ届け出先が運輸支局ではなく、軽自動車検査協会となっているので注意が必要です。これは普通自動車と軽自動車では車検証を発行しているところが異なっているためで、基本的には車検証を発行しているところで手続きをする必要があります。

またどちらの場合も手数料が必要となるほか、手続きをする人の印鑑も持参しなければいけません。本人が届け出をできない場合は委任状も用意しておきます。このように所有者死亡による車検証の名義変更では、基本となる書類のほかに所有者死亡が確認できる書類と専用の遺産分割協議書の用意が重要です。

 - 車検証 名義変更 ,