車検証ナビ

*

車検証のコピーで保険や車検、車の名義変更はできる?

      2018/09/13

車検証は原本を車に乗せておく必要はなく、車検証コピーを車に乗せておけば大丈夫という意見を聞くことがありますが、これは本当でしょうか。レンタカーなどには車検証のコピーが車に積んでいて、原本は事務所で管理しているので同じ考え方ができるというのがその意見の根拠のようです。

結論から言うと、車検証は原本でないと効力がありません。これは車検証に関する法律を定めた「道路運送車両法第66条第1項」にこのように明記されているからです。レンタカーの場合は、あくまで盗難対策のためにとっている処置であって、厳密にいうと本来あるべき姿ではありません。

「自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。」

その為、車検証をきちんと積んでいなければ、公道を走ることは出来ないことになっており、コピーされた車検証は、車検証本来の効力を持っていません。車検証は、運転者の免許証と同様、車の身分証明書のようなものです。公文書としてその車の検査の有効期間や基本情報、その車が所有者、所有権と管理義務があるのかを公証しているものです。その為、コピーでは公道を走ってはいけないのと同時に、保険、車検、名義変更も出来ません。逆にコピーで通用するのであれば、いろんな場面で悪用されてしまう可能性があります。

もちろん、車検時はコピーで受けられるか、名義変更はコピーでできるかという問いに対する回答もNGです。



車検証のコピーしか手元にない場合はどうするべき?

何らかの事情で車検証の原本がなく手元にコピーしかない場合は、再発行ができるのでできるだけ早い段階で再発行の手続きをするべきです。

自分で陸運局や軽自動車協会へ行って手続きをするほか、ディーラーなどの業者へ代行を依頼することも可能です。

車検証のコピーの再発行の方法については、再発行のページをご参照ください。




 - 車検証 コピー ,