車検証

車検証を紛失した状態で抹消や廃車手続きはできる?書類なしで車の解体は可能なのか

一時的に車に乗らなくなるので一時抹消手続きをする場合や、廃車手続きをする際に車検証が見当たらない…。

車検証を紛失した状態でも一時抹消手続きや廃車手続きは可能でしょうか?

これからその車に乗らなくなる手続きなので車検証は今さらいらないでしょ。

と思ってしまいがちですが、廃車手続きの際には車検証は必要で、紛失した場合はわざわざ再発行しなくてはいけないとされています(一時抹消手続きの際は紛失届を出せばOK)。

ここでは、一時抹消手続きと廃車手続きの際の車検証についてもう少し詳しくお伝えしています。

車検証を紛失しても一時抹消手続きはできる?

車検証を紛失しても一時抹消手続きはできるのでしょうか?

結論から書くと、車検証を紛失した状態でも一時抹消手続きは可能です。

普通自動車は陸運輸支局、軽自動車は軽自動車協会にて一時抹消登録をする際、車検証がない場合でも紛失届を一緒に提出すれば問題ありません。

紛失届には、自動車登録番号、車両番号、紛失の状況などを記入欄があるので、漏れなく埋められるように情報を押さえておくと良いでしょう。

念のための補足として、一時抹消手続きの方法について以下に記載しておきます。

普通自動車の一時抹消手続き方法

普通自動車を一時抹消する場合、管轄の陸運支局に行く必要があります。

必要な物は以下のとおりです。

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 車検証に記載されている所有者と使用者の認印
  • 住民票等変更が確認できる書類(車検証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合)
  • 委任状(代理人が陸運局で手続きをとる場合)

窓口で手続きをとると、一時抹消登録証明書が発行されます。

前述したとおり、紛失した場合は車検証に代わり紛失届を提出することになります。

軽自動車の一時抹消手続き方法

軽自動車を一時抹消する場合、管轄の軽自動車協会に行かく必要があります。

必要な物は以下のとおりです

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 車検証に記載されている所有者と使用者の認印
  • 委任状(代理人が軽自動車協会で手続きをとる場合)

窓口で手続きをとると、自動車検査証返納証明書が発行されます。

自動車検査証返納証明書と一時抹消登録証明書は、再び自動車を利用する際に使用する大切な書類なので大事に保管しておきましょう。

車検証を紛失しても廃車にできる?

所有している自動車を廃車にする際は車検証の抹消手続きを行う必要がありますが、その際に車検証が必要となります。

抹消手続きの場合は一時抹消手続きのように紛失届でOKとはなりませんので、車検証の再発行を受ける必要があります。

車検証の紛失を車検時に気づいた!車検証なしでの車検の可否と再発行のやり方について
そろそろ車検の準備をしようという時になって、もしくは車検の手続きをしている時に車検証を探してみても、車検証が見当たらないなんて経験をした人はきっと多いでしょう。 もしくは、今まさに車検証を紛失していることに気づいて、「これって...

車検証は所轄の陸運局(軽自動車であれば軽自動車検査協会)へ行って手続きを行えば当日再発行を受けることができますが、平日しか開いていないので注意が必要です。

必要書類無しでも車は解体できる?

これまでしっかりと車検も通して整備してきたわけだし、後は解体するだけなんだから車検証を初め書類なんて必要ないでしょ。

こうした意見が聞かれることは多いです。

解体するのに何を証明する必要があるのかということですね。

これは確かにそういった一面は否めないのですが、解体処理であっても車検証は無くてなならない書類とされています。

理由として、車検証はその車の身分証明証のようなもので、その車の個体番号や所有者名といった情報が書かれているものだからですね。

廃車の欄でも書きましたが、解体時にも陸運局もしくは軽自動車検査協会にて車検証の再発行を受ける必要があります。

軽自動車の車検証を紛失して再発行できない場合の廃車手続き

 

軽自動車の車検証の再発行の受け付けは対象の車両のナンバープレートを発行した地域の検査協会でのみ可能です。

そのため、居住地を変更した場合は発行した地域に出向いて手続きを進める必要がある点を注意します。

もしも複数回の引っ越し等の理由で車検証の再発行が出来ない軽自動車を廃車にする場合は、解体を行った業者に車両の解体証明書を作成してもらう必要があります。

出来上がった証明書は軽自動車税を管轄する市町村の窓口での手続きを済ませることで車両を廃車にしたことが証明され、翌年以降の軽自動車税の請求が無くなります。

まとめ

一時抹消の手続きを行うことによって、自動車税は課税されなくなり、維持費がかからないで車を保管することができますが、その手続きには車検証が必要となります。

ただ、一時抹消の場合には車検証を紛失した場合は「紛失届」を提出することで手続きは進められるので必ずしも再発行する必要はありません。

一方で、もう乗らなくなった車を廃車処理する際にも車検証は必要で、廃車処理に関しては紛失届では手続きを進められず、紛失した場合は車検証の再発行が求められます。

このように車検証は路上で車を運転する際にだけ必要とされるものではなく、あらゆる手続きの際に必要な書類です。

再発行については他のページで詳しくお伝えしていますのでご参照いただき、適切に一時抹消や廃車手続きができるための参考にしていただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました