車の異音や不具合

車からの異音「シャリシャリ」の原因は?加速時やアイドリング時などの理由と修理代について

車からの異音で比較的多い「シャリシャリ」とした音。

走行中に聞こえてくることが多いですが、加速時に鳴る場合やブレーキを踏んでもシャリシャリ音が消えない場合はそれぞれ違った原因が疑われます。

車からシャリシャリと異音がするけど大丈夫かな?

ここでは、車からのシャリシャリとした異音が発生する原因の特定の際に気を付けたい点や、修理する際の概算についてお伝えしています。

走行中にシャリシャリという音が聞こえるときの原因は?

車で走行しているときにシャリシャリという音が聞こえる場合がありますが、同じシャリシャリという音でも音の発生箇所によってその原因はさまざまなものが考えられます。

例えば、足回りなどから走行中にシャリシャリと音が鳴っていて、ブレーキを踏むとその音が止まる場合は、ブレーキパッドとディスクローター(ブレーキディスク)が擦れて音が出ている可能性が高いです。

一般的な自家用車の多くは、フロントブレーキやリアブレーキにディスクブレーキが装着されています。

このディスクブレーキは、走行中にタイヤと一緒に回転するディスクローターをブレーキパッドによって挟み込むことで制動力を得る仕組みとなっています。

そのためブレーキを踏む度にディスクローターとブレーキパッドの接触面が少しずつ削れて摩耗していくのですが、削れる過程で接触面がレコード盤のように溝がついた状態になったり、接触面の端の部分に段差ができる場合があります。

ブレーキを踏んでいない状態でのブレーキパッドとディスクローターの隙間はほんのわずかしかないため、接触面に溝や段差ができるとその部分がブレーキを踏んでいなくても軽く接触した状態となることがあります。

そのような状態で走行すると、その接触部分が擦れてシャリシャリという音が発生してしまうことになります。

ブレーキパッドの片減りやディスクローターの歪みがでた場合にも、同じように擦れが発生してシャリシャリという音が出ることがあります。

このような場合は、ブレーキパッドやディスクローターを交換することでシャリシャリ音の発生を止めることができます。

ちなみに、ブレーキを踏んでシャリシャリ音が止まる程度の状態であれば走行自体にはそれほど支障はないのですが、ブレーキを踏んでもシャリシャリ音が止まらない場合や音がさらに大きくなる場合もあります。

その場合は、ブレーキパッドの過度な減少や、バックプレートなど別の部品との接触などが考えられますので、早めのブレーキの点検交換をおすすめします。

アクセルを踏んだときや加速時にシャリシャリという音が聞こえるときの原因は?

アクセルを踏んだときや加速時にエンジンルームなど前の部分からシャリシャリという音が聞こえる場合は、エンジンの振動によって遮熱板やマフラーなどの部品が共振して音が発生している可能性があります。

また、エンジンの内部で異常燃焼が起きてノッキングが発生している可能性もあります。この場合はカリカリという音に聞こえる場合が多いです。

エンジンの振動によって遮熱板やマフラーなどが共振してシャリシャリ音が発生している場合は、音の発生場所を特定して共振を止める施策や部品交換などをすることで音の発生を止めることができるかと思います。

エンジンのノッキングによる音の場合は、異常燃焼を引き起こす原因としてエンジンの燃焼室内部に溜まったカーボンスラッジやスパークプラグなどの部品不良等がその原因として考えられます。

また、走行速度に見合わないギアやエンジン回転数が原因であったり、オクタン価が合っていない燃料が原因だったりと、さまざまな原因が考えられますので一概に原因を判断することは難しいです。

いずれにしても、音がそれほど大きくないようであれば、アクセルを踏みすぎないように心がけることで大掛かりな修理をしなくても音の発生を多少は抑えることができるかと思います。

車からシャリシャリ音が聞こえる場合の修理費用は?

車から異音が発生する際の修理費用は、その発生箇所や原因などにより修理内容が大きく異なります。

今回紹介したようなブレーキパッドやディスクローターの交換修理であれば、車種によって1万〜数万円程度の修理費用となりますし、エンジン内部のカーボン除去のためにオーバーホールまでするとなれば数十万円の出費となります。

このように、同じ異音でも発生箇所やその原因によって費用はさまざまですので、まずはディーラーなどで正確な見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

車は正常な状態でもエンジンや足回りなどいろいろな部分からさまざまな動作音が出ています。そして正常な状態において発生する動作音は車種によって当然違いがあります。

普段から車の状態に意識を向けて乗ることで、通常とは違う異音や振動の発生を早めに察知することができ、ひいては運転時の安全確保や車両維持費の軽減にもつながります。

タイトルとURLをコピーしました