車検証ナビ

*

ディーラーなどでの車検時に車検証のコピーを欲しがる理由は?

      2018/09/17

ディーラーやオートバックスの車検見積り時などに「車検証のコピーを取らしてもらっていいですか?」と聞かれた経験はありませんか?

そう聞かれて、「まぁコピーくらいいいか」と思ったり、「知らない仲でもないし…」ということで了承する人は多いかもしれません。でも、どういった理由で車検証のコピーが欲しいのかちょっと気になるとところ。

理由を聞くと、「車検に必要なので」(←めちゃくちゃ大雑把な答え)だったり、中には「ぶっちゃけ、ノルマです」(←知りたい答えとは違うけどぶっちゃけられたら何も言えないw)と言ってくる営業の人もいたり。コピーされた後の利用法がわかれば判断もしやすいですが、ほとんどの場合で利用目的を伝えないことが多いので、ディーラーや車用品店などで車検証のコピーをどう使っているかについてまとめてみました。

車検証のコピーは何に使っているか?

ディーラーやオートバックスの車検見積り時に車検証のコピーを欲しがる理由は、ズバリ集客目的にあります。

車検証のコピーをパソコンに入力して顧客データとしてしまうのです。そのため、一度車検証のコピーを渡すと、車検のタイミングに必ず車検の案内が来るようになります。あとは、車検証のデータにより車の年式がわかりますので一つの見積もりの目安となります。ただし、見積もりの目安を出すために必ずしもコピーが必要なわけではありません。車検証原本を見せるだけで見積もりは完了しますので、嫌な場合はコピーをすることを断ることも可能です。

また、基本的には車検証のコピーは勝手にとられてしまうことはなく、必ず車のオーナーの許可を求めるのが決まりとなっていますので、嫌であればしっかりと拒否しましょう。(まれに事後報告やこっそりコピーする人もいなくはないようです)

参考までに車検証は、コピーをとるとコピーをとった紙に目印がつくため、本物と誤解されることはありませんので、もし、コピーをとられたとしても悪用されることは少ないでしょう。ディーラーであれば、コピーをとらせると次の車検のタイミングにてお知らせが来るようになるので、車検をうっかり忘れることもなくなるというメリットもあります。

 - 車検証 コピー