車検証ナビ

*

車検証紛失時の理由書の入手方法と書き方

   

車検証を紛失してしまい、再発行する際には、理由書を記載する必要があります。この理由書は、「車検と車の手続き案内センター」のウエブからダウンロードが可能です。

ダウンロードした様式をコピーして、必要事項を記載して所定の場所へ届け出ることになります。

理由書の書き方について

理由書の記入例としては、宛先に申請する運輸支局、つまりは管轄の運輸支局名を記入します。その次に、 自動車登録番号又は車両番号を記載しますが、これはナンバープレートの数字のことです。車体番号については、車のフレームなどに記載されています。

次に「理由書提出の事由」の記載があります。書式がここはチェック方式となっていますので、「自動車検査証の盗難・紛失等」を選択します。次の欄は、もし盗難の場合には盗難年月日と届出警察名などを記載します。盗難の場合には、盗難にあった状況や紛失などの状況をしますが、書き方の記入例としては「車内に保管したと思っていたのですが、管理不足によるため紛失してしまいました」などと記載します。

最後に、申請日の記載と住所の記載を行い、その横には捺印を行います。この申請書への記載は、黒いボールペンなど消えないものを使う必要があります。また、誤字がある場合には理由書の申請人の訂正印を押すこととなっています。なお、保存上の問題から感熱紙に印刷されたものは使用できないこととなっています。

「車検証紛失の理由書」と聞くと何だかお堅い難しいものと感じる人も多いかもしれませんが、簡単にダウンロードして入手できて、書き方もさほど難しくないので、安心して準備を進めていただけたらと思います。なお、車検証の再発行などについては他のページでもまとめているのでそちらも参考にしてみてください。

 - 車検証 紛失